第39回、全国木材組合連合会主催『街角木ポイント事業』に参加しました。

2009年11月21日〜29日
国産材の活用、普及を促進する全国木材組合連合会主催『街角木ポイント事業』に参加しました。
事業企画には国産スギと広葉樹の2種類を提案。
@国産の未利用素材の活用を図ることを目的に、パルプ用素材から家具を製作しました。
岐阜県下呂市の金山チップセンターが製材し保有していた広葉樹板を使い、デザインをそのままに当社オリジナル多機能デスクを制作しました。
A国産スギパネルを使い、多目的な収納を実現するスギシステムBOXを提案しました。
長良川流域のスギを使用した巾剥ぎパネルを使用し、3つのサイズのBOXと天板を組み合わせることで様々な用途や目的に対応できるように考えました。
展示は愛知県豊田市のホームセンター『ヒラサダ』様のご協力頂き、多数の一般消費者の方々に見ていただきました。




トップへ
このページのトップへ
通信販売法に基づく表記 | サイト運営ポリシー | プライバシーポリシー | 商品登録・出展規約 | 営業カレンダー