環境の現状 山林活用
ビジネスモデル
 
山林物件案内  会社概要   木と暮らしネットワーク
山林査定、評価   物件問い合わせ 仲介物件の募集  関連情報&リンク  山林サイトトップ 
仲介物件の募集
木と暮らし『山林サイト』への掲載手順と進め方
売り主様
の意思表示
森林簿など
資料の送付
資料の
確認、検討
現地調査
打ち合わせ
現地調査 査定価格
提示、売価
の相談
サイト掲載
買い主様募集
用意して頂く資料 1、売主様、所有者様のお名前、ご住所、電話、FAX、メールアドレスなど記載書面
2、直近の森林簿と森林計画図コピー
3、登記簿謄本コピー
4、固定資産税納付書コピー
5、山林、立ち木の様子がわかる写真(デジタル画像が望ましいですが、プリントでも可能)
サイト掲載に必要な経費 山林販売、仲介は、現状の経済動向では流動性が低いため、買い手を見つけるには時間が掛かります。
初期費用は最初にご負担頂きます。販売、仲介成立時にお返しいたします。
調査実施、掲載後の掲載取り下げなどにより中断する場合は、初期費用は当社経費として査収させ頂きます。


初期費用   以下の@とAの合計額となります。
         @現地調査費 (ガソリン代、高速道路代、旅費、宿泊費などの実費)
         A現地調査人件費、山林データ制作費、サイト制作掲載費 
           30ha未満の場合     50000円/一式
           30ha以上の場合     50000円+500円×(森林簿表示面積-30ha)
現地調査の方法 土地の形状、林道、作業道の有無、起伏、景観、河川、
雨や雪など気候の地域性、雪害や土砂崩れなどの形跡、履歴確認

保安林、公園法その他の法令、条例による規制の確認
森林簿の記載内容を現場にて確認。
樹種、樹齢、年輪密度、過密度
(間伐履歴)、下刈り、枝払い状況
地元木材市場や森林組合の市場動向、素材(原木)価格の確認。
過去5年の平均と調査時点及び将来の予測を参考に判断。
山林査定、評価方法

山林評価額=土地評価額+立ち木評価額+CO2吸収による環境付加価値×係数
山林査定、評価方法はこちらをご覧ください。


取引形態と
仲介手数料
販売、仲介の取引形態は専任媒介取引のみです。
当社と売主様もしくは所有者様との専任媒介契約をして頂きます。

山林の販売、仲介の取引は、山林が宅地、建物ではないため、宅地、建物取引業法の適用を受けませんが、
成功報酬として同法に明示された不動産仲介手数料を頂きます。
仲介手数料=売価×3%+60000円+消費税

売主様、所有者様が当社サイトのデータを活用し客付けされた場合にも仲介手数料を頂きます。
当サイトから得られた情報を無断で他サイトに登録、掲載することを禁じます。
問合わせフォームからメールを送信    問合わせフォームページ
直接メールを送信    info@ki-to-kurashi.com
FAXで問い合わせ   052−681−0177
専用FAXシートはこちらから sanrin-fax.pdf へのリンク 
電話で問い合わせ   052−681−0176
電話による問い合わせは具体的に進展した場合、
お客様の本人確認のため名前、住所、電話、メールアドレスなど連絡先をFAXもしくはメール送信して頂くことをお願い致します。よろしくご理解ください。

 環境の現状 山林活用
ビジネスモデル
 
山林物件案内  会社概要   木と暮らしネットワーク
山林査定、評価   物件問い合わせ 仲介物件の募集  関連情報&リンク  山林サイトトップ 
このページのトップへ
通信販売法に基づく表記 | サイト運営ポリシー | プライバシーポリシー | 商品登録・出展規約 | 営業カレンダー